スマートフォンサイトを見る

Q&A(よくあるご質問)

Q:神棚の祀り方

一覧に戻る

A:

神棚は明るくて清浄な高い場所(人々の目線よりも高い場所)に、南向きあるいは東向きに設けます。また、家族や会社の人が、お供えしたり拝礼したりするのに都合のよい場所であることも大切な条件になります。ただし、人が出入りをする場所の上、たとえばドアの上であるとか障子や襖(ふすま)の鴨居(かもい)の上に、神棚を設けることは避けるようにします。家庭に神棚を設ける場合、場所としては座敷が一般的ですが、最近では座敷のない家庭も多くなったので、その場合は居間でもよいでしょう。 会社の事務所の場合は、その長たる人の席の近くや中心となる場所が適当です。神棚の中央には、神殿の形を模した宮形を置き、その中にお神札を納めます。 神座の順位については、神棚の中央を最上位とし、次に向かって右側、その次が左側となります。したがって、宮形が大きい場合には中央に神宮大麻を、向かって右側に氏神さま、左側にその他の崇敬する神社のお神札をお祀りします。 宮形が小さい場合は、神宮大麻を一番手前にお祀りし、その後ろに氏神さま、次に崇敬する神社のお神札を重ねてお祀りします。お神札の数が増えて、宮形に納められない場合には、棚の上に丁寧に並べても差しつかえありません。

一社造りの場合と三社造りの場合

神棚の無い家庭

先ずは高い所(タンスの上・本棚の上など)に白紙を敷いてお神札を祀りましょう。その後にでも神棚を設けると良いでしょう。ピンで留めたり、テープで固定など粗末に扱わないようにしましょう。

簡易神棚の斡旋

全国各家庭に神棚を祀る事が望ましいですが、現代に於いては核家族化や、アパート、マンション、一人暮らしなどあらゆる理由によって神棚が無い家庭が増えてきております。また、「実家にあるから」とか、「年寄りがしているからよくわからない」とか言われますが、神様のお陰で生命を受け、無事暮らせている事に感謝して下さい。感謝の心の表れが神棚奉斎へと具現化するのです。
当神社では全住居対応型簡易神棚を斡旋しております。各家庭でお受け下さいますようお願い申し上げます。

一覧に戻る

参拝者の声

facebook

←HOME-賀茂神社 天満宮(米子町総鎮守)

↑ページ上部へ戻る